» 未分類のブログ記事

 

 

デトックスとは、体内の老廃物を排出させることをいいます。この老廃物を体に溜

 

めていると代謝が低下し、肌が荒れたり太りやすい体になってしまいます。

 

ダイエット効果を上げるにはこの老廃物を排出することも重要な要素です。

 

この老廃物を排出させるための方法に水をたくさん飲む方法があります。

 

しかし、一気飲みをすると逆に身体に悪いので注意が必要です。

 

水を飲む時はコップ1杯~2杯を目安に数回に分けて飲みます。よく1日に1リット

 

ルとか2リットル飲むと良いと言われていますが、1日に飲む適切な量は、自分の

 

体重の30倍が良いとされています。午前中は体が排泄モードになっているので、

 

たくさん飲むと効果的です。また、午前中の水分補給はとても大切で、寝ている時

 

に水分が失われているため、朝起きた時には必ずコップ1杯~2杯は飲むようにし

 

ましょう。また、飲むのは水がとても良く、コーヒーやお茶などは利尿作用があるた

 

め水分補給にはなりません。特に朝起きた時には体の水分失われ血中の水分も

 

少ないので血液をサラサラにするためにも、水分補給はカフェインの入っていない

 

水が最適です。また、水には、ミネラルを豊富に含んだ硬水と、ミネラルをあまり含

 

まない軟水があります。日本の水は軟水ですが、コンビニなどで売っているミネラ

 

ルウォーターの中には硬水の水もあります。老廃物を排出させるにはミネラルも必

 

要で硬水を飲むことで更に効果が上がります。しかし、硬水が体に合わない人は

 

軟水でも十分効果があります。

褐色脂肪細胞は、体内に蓄積された脂肪を燃やして熱を発生させる細胞で、体温の維持に関わっています。体が寒さを感じると、貯蔵庫役の白色脂肪細胞から脂肪を受け取り燃焼させます。つまり、この細胞が活発になると、体内の余分な脂肪が燃えやすい体になります。
この細胞の数は新生児の時に一番多く、その後徐々に減少していき、大人では新生児の4割程度になります。大人になってからこの細胞の数を増やすことは難しいので、脂肪が燃えやすい体にするためには、残っている細胞を何らかの手段で活性化する必要があります。
褐色脂肪細胞を簡単に活性化する方法が、温冷シャワーです。この細胞は体温維持のために働いているので、体が冷えていると感じると活発になるということを利用した方法です。お風呂に入った時に全身に冷水シャワーを当てます。特にこの細胞が密集している首筋や肩甲骨のあたりを冷やすとよいです。しかし、ずっと浴び続けるのは辛いので、温水シャワーで体を温めて、再び冷水を浴びるようにと、交互にやるとよいです。40度の温水と20度の冷水を交互に30秒ずつ5回、浴びることがお勧めです。
冷水シャワーを30秒間も浴びることが我慢できないという方では、手を冷水と温水と交互にあてるのでもよいようです。

xf0635025671l

 

をしてもなかなか痩せないと悩んでいる方は多いのではないでしょうか。そんな方

 

はもしかしたら酵素が不足しているかもしれません。酵素とは生命活動に必要な

 

もので、消化や代謝などに大きく関わっています。酵素は限りあるものなので、必

 

要ならば外から補っていくしかありません。そこで簡単に酵素を取り入れられて、

 

痩せやすい体を作るために週末だけフルーツ断食をするのはいかがでしょうか。

 

これは、平日は普段通り食事をしてもかまわないのですが、週末のみフルーツだ

 

けで過ごすという方法です。私たちは1日に3度の食事をすることによって栄養を

 

取り入れているわけですが、その分内臓はずっと働き続けています。食べたもの

 

を分解し、消化吸収するために休むことができません。最近よく耳にするデトックス

 

ですが、体内の毒素を排泄することによって体本来の働きを取り戻そうというこの

 

考え方も、まず悪いものを排泄させるために吸収をやめるということが必要になっ

 

てきます。吸収と排泄は拮抗関係にあるため、体が吸収に勤しんでいる間は排泄

 

することができません。そのため、週末だけでも吸収をやめることで排泄の力を高

 

めようとするものです。しかし、何も食べない断食は素人が勝手にやると危険なの

 

で、フルーツを食べることをお勧めします。フルーツはそれ自体に酵素を含んで

 

いるため消化酵素を必要としないので、およそ20分から40分ぐらいで腸に届くと

 

言われています。余計な物を食べないことによって体は排泄モードになって体本

 

来の働きができるようになり、脂肪も燃焼しやすくなります。毎日厳しい制限をする

 

のは難しいですが、週末だけなので一度試してみてはいかがでしょうか。

人間は、睡眠をとっているあいだに、痛んだ細胞修復の為の成長ホルモンを分泌

 

します。成長ホルモンが盛んに分泌される時間帯は、午前0時前後といわれてい

 

ます。この時間帯に睡眠をとっていないことは非常にもったいないことであって、

 

夜更かしが習慣化している状態ですと、細胞修復は不十分に終わり、肌荒れをは

 

じめとした体調に異変を起こすことになります。

 
本来眠ってしかるべき時間帯に睡眠をとっていませんと、体内リズムは夜中に起き

 

ていて当たり前にセットされてしまいます。

 

夜は自分の時間だからといって、テレビやスマホチェックなどに集中して、何かし

 

ら活動をしていますと、それだけ1日あたりのエネルギーの消費はオーバーペース

 

になります。また、睡眠そのものも、自身の力で体を休ませる作業を行ないますの

 

で、エネルギーは消費されます。活動時間の長さによってエネルギー消費がかさ

 

みますと、睡眠をとるための余力がなくなり、寝つきが悪くなり思うように睡眠がと

 

れなくなります。

 
不眠をはじめとする睡眠障害に陥る前に、夜遅くまで起きている習慣を改めていく

 

ことが大切です。仕事柄、夜の時間帯に活動せざるを得ない場合もありますが、休

 

日などのゆとりのある日に、出来るだけ成長ホルモンが分泌しやすい時間帯に睡

 

眠をとる工夫を行なうことが大切です。

体の中の脂肪の割合を表す数値が、体の脂肪率です。

 

脂肪は、もしもの時の為に蓄えられた、体のエネルギー源であったり、体温を保っ

 

たり、ホルモンをコントロールする役割があり、一定量は必要なものです。近年問

 

題となっているのは、一定量を越えた、脂肪過多の人が増えていることです。

 

この、脂肪の量が多すぎることは、肥満の状態であると判断されます。食事や生活

 

習慣が大きく影響していて、脂肪の多い状態が長くつづくと、生活習慣病を招く恐

 

れもあるので、正しい食事や生活習慣を心がけることが大切です。健康診断など

 

で、肥満と診断された人は、生活習慣を見直すきっかけとなりますので、次の日か

 

らでも、改善法を実行するようにしましょう。脂肪を減らす生活習慣とは、まずはバ

 

ランスのとれた食事と、飲酒を少量に控える事です。また、血行を良くし、新陳代

 

謝をあげることも、脂肪を燃焼するためには必要なこととなります。入浴はシャワー

 

派で、さっと済ませてしまうという人も多いですが、代謝の下がっている人は、シャ

 

ワーだけではなかなか~だが温まらないことが多いです。。湯船にゆっくりつかる

 

事で、体があたたまり、水圧で血行も良くなります。また、入浴後にビールを一杯、

 

と楽しみにしている人は、要注意です。ビールは、糖質を含む飲み物で、体も冷

 

やしてしまうので、体が温まらない為、脂肪を増やす原因ともなります。

 

毎日は避け、水やお茶などのノンカロリードリンクへ切り替えましょう。

xf0635025671l

 

忙しい企業戦士にとって、男女関係なく、将来の健康を損なうおそれとなるのが、「帰宅時間が遅いので夕食は遅いにもかかわらず、しっかり食べてしまう」ことでしょう。これはまさに近い将来の「肥満」に直接的につながるファクターであり、そして「肥満」がその先の自分の健康を著しく脅かす事象であることはすでにみなさんはご存知のことと思います。本来であれば、夕食後数時間あけてから就寝することが望ましいですが、しかしそんなことをしていたら、忙しい現代人は寝る時間がなくなってしまうでしょう。もちろん、企業戦士にとっては「遅い夕食」は当たり前のことであり、空腹をともなっての帰宅だって既定路線です。

 
そういう状況から脱するために工夫したいのが、帰宅してからではなく、「会社にいる時間」です。たとえば、夕方5時半か6時くらいになったら、軽く間食を入れるようにするというのがもっともポピュラーな方法でしょう。それによって、帰宅時の空腹は多少でも回避できるはずです。そうすれば、帰宅してから食べる量も最小限にとどめることができるはずですし、ヘルシーな夕食であっても、お腹が減って眠れないということは避けられるとはずです。

 
はじめのうちはどのくらいの量の間食を挟めばよいか少々難しいかもしれませんが、徐々にアジャストしてください。

 

 

忙しい会社員の方は、短時間で食べることができる丼ものやパスタ、ラーメンなど

 

をランチで食べる方が多くなっています。

 
限られた時間内に食事を終わらせる必要があるので、ゆっくりと噛まずに早食いに

 

なっている方が多いのではないでしょうか。

 
単品のメニューは、早食いになりやすいため、カロリーが高い割りには、満足感を

 

感じられない方が多くなっています。

 
早食いをすると、満腹感が得られないため、太りやすい体質になってしまうので、

 

気をつけるようにしたいものです。

 
体重が増えてくると、血液中のコレステロール値や中性脂肪が増えてくるので、

 

見た目の問題だけでなく、健康面にも悪影響が出てくるので、よく噛んで食べるよ

 

うにしたいものです。

 
丼ものを食べたい時は、噛みごたえのある漬物を必ず食べるようにしたり、

 

栄養バランスの良い味噌汁などの汁物を一緒に食べるようにして下さい。

 
ラーメンやパスタは、とてもおいしいですが、野菜がたっぷりと入ったヘルシーなメ

 

ニューを選ぶようにすると良いでしょう。

 
ラーメンやパスタを食べる時は、なるべく具材が多く、カロリーの低いメニューを選

 

ぶことが大切です。

 
時間に余裕のある時は、栄養バランスの良い和食のセットを食べるようにしましょ

 

う。

デスクワークに従事している人の場合、特に仕事が忙しいときには、「1日中座りっ

 

ぱなし」という状況に迫られることが珍しくありませんし、しかも忙しいがゆえに、移

 

動の際にもついついエレベーターを利用してしまい、移動という意味で身体を動

 

かすとすると、もはや通勤と帰宅のときだけ、なんていう人は、現代人であれば少

 

なくないでしょう。しかしこれでは、生活習慣病への足がかりを自らつくり挙げてい

 

ることになってしまいます。

 
やはり、動かないことが生活習慣病の元凶になってしまうことが多いと考えられて

 

います。長時間動かないままでいると、基礎代謝量がどうしても低くなってしまい

 

ます。「基礎代謝」というのは、簡単にいえば、「何もしないでいても勝手に燃焼さ

 

れる脂肪」と解釈してげいただければ問題ありません。身体を動かすことによっ

 

て、基礎代謝量を高い数値のままキープできますので、どんな方法でもかまいま

 

せんから、身体を動かすことを常に頭の片隅に入れておいてほしいものです。

 
本当であれば、朝晩のウォーキングが理想なのですが、時間がない人や、夜のひ

 

とり歩きが危険な若い女性などの場合には、入浴前にストレッチ運動をするという

 

のも、運動不足解消の一助になると考えられています。

通勤の際に車を使い会社ではデスクワークという、ほとんど歩かないで一日が終わ

 

ってしまう人が最近は増加しています。しかし、歩くことには健康面で多くの益が

 

あります。本当はジムに行ったり、スポーツをしたりして体を動かすことがベストで

 

すが、現代人にとってそのためにお金や時間を費やすことは難しい場合が多くあ

 

ります。歩くことには健康面でどんなメリットを挙げるなら、継続的に行うなら、新陳

 

代謝が良くなり太りにくい体質になります。有酸素運動であるゆえに肝機能低下を

 

防止することができます。骨の老化を防止できます。歩くことで作られる乳酸が心

 

臓のエネルギーになります。血圧が低くなります。良いホルモンが分泌されて、スト

 

レスを解消することができます。歩くことで交感神経と副交感神経のバランスがと

 

れて快眠を得ることがきます。効果的な歩き方として、姿勢をただし、身体にとっ

 

て気持ちの良い歩き方をすると、同じ距離でも効果は変わってきます。猫背のま

 

ま歩くのではなく、耳、肩、腰を一直線上にし、背筋を伸ばし、お腹に力を入れる

 

ことを常に意識します。普段歩くよりも、少し大きめに手を振り、リズミカルにいつも

 

より大股で歩くことを意識します。このことを意識的に心がけるなら、普段の歩かな

 

い生活では得られない、心地よさ、健康の増進を実感することができます。

 

xf0635025671l