体の中の脂肪の割合を表す数値が、体の脂肪率です。

 

脂肪は、もしもの時の為に蓄えられた、体のエネルギー源であったり、体温を保っ

 

たり、ホルモンをコントロールする役割があり、一定量は必要なものです。近年問

 

題となっているのは、一定量を越えた、脂肪過多の人が増えていることです。

 

この、脂肪の量が多すぎることは、肥満の状態であると判断されます。食事や生活

 

習慣が大きく影響していて、脂肪の多い状態が長くつづくと、生活習慣病を招く恐

 

れもあるので、正しい食事や生活習慣を心がけることが大切です。健康診断など

 

で、肥満と診断された人は、生活習慣を見直すきっかけとなりますので、次の日か

 

らでも、改善法を実行するようにしましょう。脂肪を減らす生活習慣とは、まずはバ

 

ランスのとれた食事と、飲酒を少量に控える事です。また、血行を良くし、新陳代

 

謝をあげることも、脂肪を燃焼するためには必要なこととなります。入浴はシャワー

 

派で、さっと済ませてしまうという人も多いですが、代謝の下がっている人は、シャ

 

ワーだけではなかなか~だが温まらないことが多いです。。湯船にゆっくりつかる

 

事で、体があたたまり、水圧で血行も良くなります。また、入浴後にビールを一杯、

 

と楽しみにしている人は、要注意です。ビールは、糖質を含む飲み物で、体も冷

 

やしてしまうので、体が温まらない為、脂肪を増やす原因ともなります。

 

毎日は避け、水やお茶などのノンカロリードリンクへ切り替えましょう。