gf2160280206l

夕食をたっぷりと遅く取る習慣があったり、夜更かしの習慣のある方は、太りやすくなる傾向があります。
夜更かしをすると、朝はギリギリまで眠っていると、朝食を食べる時間がなくなって、血糖値が上昇しなくなります。

 

朝トイレに行く時間がなくなると、便秘がちになってしまうので、痩せにくく太りやすい体質になってしまいます。
夜は、早めに就寝をする習慣を身に付けるようにして、腸の働きを良くするために、朝食を摂る習慣を身に付けましょう。
朝の食欲がない時は、野菜ジュースや豆乳を飲んだり、果物やヨーグルトだけでも食べるようにして下さい。
朝食事を摂ると、腸の働きが良くなるので、自然なお通じが出るようになります。
トイレに行きたくなくても、毎朝、朝食後にトイレに行く習慣を身に付けておくようにしましょう。
普段の生活では、カロリーの高いお菓子類やジュース類を控えるようにして、栄養バランスの良い食事を心掛けることが大切です。
ヨガやピラティス、ラジオ体操などのゆったりとした運動を続けることも大切です。
夜型の生活をしている方は、生活習慣を改めて、健康的な朝型の生活が出来るように努力することが大切です。
さつまいもやごぼうなどの食物繊維を、豊富に含んでいる食品を食べるようにしましょう。

 

 
医療事務の資格